スポンサーサイト

とあるYKK

とあるYKK

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byとあるYKK

smoozで、人生を変える。[神ブラウザアプリの神ポイント9選+α]

とあるYKK

とあるYKK


今回は、ブログを始めたら一番最初に紹介したかったアプリを紹介する。Astool社のsmoozだ。もう、神としか表せない便利さを持っている。あなたもきっと使いたくなるので、覚悟して読んでほしい。特に学生のあなたにはとても便利なものとなるはずだ。

片手検索に特化したユーザーフェース



まず、スマートフォンを使う時は、このように右手で持って片手で使うという人が大多数だと思う。

この時、スマートフォンを主に操作するのは親指だ。


そして、スムーズの機能はこのように、主に右下に集まっている。
まさに片手で高速検索できる次世代のアプリだ。

それぞれ解説していこう。

検索方法



スムーズを一番最初に開いた時、このような画面になっていると思う。この下の検索マークから新しい検索タブを開ける。
個人的にとても気に入っているのが検索タブを開いたら自動でキーボードを出すようにする設定だ。
こういう細かいところに手が届くsmoozが大好きだ。リンク欄に検索内容を入力することでそのタブで検索することもできるが、やはり新しいタブを開いた方が早いだろう。
ここの検索ボタンには上にスワイプするとタブを閉じられるという利点もある。

5つのジェスチャー



画面の中央部でジェスチャーをすることで、特定の動作を起動できる。
左右にスワイプするとタブを切り替えられることはもちろん、図のような四通りのジェスチャーが使える。
ちなみに僕は、タブの削除、直前に閉じたタブを復元、ページの最下部に移動、タブの管理に設定している。

ブックマーク


続いて、右下の星ボタンからサイトをブックマークできる。
ただ、現状あまり使い心地は良くないので、何か他の方法でブックマークすることをオススメする。
あと、右下の三点マークからさまざまな機能を起動できる。
ここには現在なお機能が追加され続けており、将来が楽しみだ。
具体例を挙げると
URLをコピー
サイトのURLを共有
ページ内検索←とても便利
タブの管理←とても便利
などである。

多彩な機能


検索画面での新規タブの開き方



Google検索のページで、写真のように「新規タブ」のボタンを押すと、新しいタブでその検索結果を表示できる
。検索のページでなくとも、リンクを長押しすることで新しいタブで開くことが出来る。
こうすると、①サイトを見て回る→②気になったものを新規タブで開いておいて後で読む、という使い方ができる。
しかし、この方法ではどんどんタブが開いてしまう。
そこで、

タブの自動整理




設定からタブの設定を開き、


タブの自動整理を開く。ここに設定した時間で、タブが自動で閉じられる
。つまり一つのタブを開いたら、例えば12時間後には自動で閉じているというわけだ。
僕のようにタブをひたすら開いて調べていく人には、とてもありがたい。
しかし、中には閉じてほしくないタブもあるだろう。

タブの固定/固定解除


そこで使うのが、タブの固定だ。


上のタブを長押し、


ここを押すと、そのタブは固定される。


これでタブの削除ができなくなるのに加え、タブの自動整理には巻き込まれない。ただ、数十日かすると消えてしまうので注意だ。(もっとも、そんなに長い間見なかったサイトなら消えても構わないだろう。)

広告ブロック


次にこれはプレミアム版限定なのだが、広告ブロックという機能がある。
見て分かる通り、広告をブロックしてくれる機能だ。
かなり精度は高く、サファリのアドブロックとほとんど同じ精度を持つ。
プレミアム版に参加したくない人は、SNSで共有すると1ヶ月無料で手に入るので、ぜひ使ってみてほしい。
気に入ったアプリにはどんどん課金をしてみよう。それで、あなたのiPhoneライフが変わるのなら、素晴らしい初期投資になる。

かざして検索




かざして検索とは、カメラ越しに写真、文字列、QRコードなどを検索できる機能だ。
それぞれ個別にもできるし、まとめて検索することもできる。


チョコうめえ
何回か試してみたところ、文字列認識の精度はかなりのものだ。これもプレミアム限定になるが、月に10回までは無料で使える。もし、かざして検索を何回も行うのならば、プレミアム版への登録を強くおすすめする。

smoozを使い続ける理由


smoozが出た当初からずっと、僕はsmoozを使い続けている。そして、ここ1年ほどずっと思っているのが…
アプデ多すぎね?

圧倒的…アプデ…!


大体数えたところ、1年と少しで25回ほど。これは多い(確信)
他の例を挙げると、
グーグルクロームが1年で14回ぐらい、ドルフィンブラウザが1年で12回ぐらいという感じだ。
アップデートが多ければいいって言うもんでもないが、使用者の要望に短期間で答えてくれるのは非常にありがたい。
実は僕は今、smoozのベータ版に参加している。正式版ではない、テスト中のものだと思ってくれればいい。
そのベータ版のアップデートでも何回も来る。すごい勢いで進化していくsmoozが楽しみだ。

圧倒的…ユーザー対応…!


僕がsmoozに一瞬に惹かれた理由が、これ。質問、要望を送るというところからバグや改善点などを報告できる。


これは他のアプリでも同じだ。素晴らしいのが、その対応が異常なまでに早い。
「常時パソコンの前に張り付いているんじゃないか?」と思うほどだ。具体的には、この前、ページ内検索のバグを報告した時には返信が1日半ぐらいで帰ってきた。
これは早い(確信)
そして、対応もとても丁寧だ。(このパートだけ語彙力低いのをお許しください)
これだけ早く帰ってくると、ちゃんと人間が対応してくれているんだな、という実感が湧く。
そして、圧倒的なアップデート速度によってどんどん改善される。
以下はアプリマーケティング研究所とsmooz開発者の加藤さんとの会話の一部を抜粋したものである。
力を入れているのは「ユーザーフィードバック」の収集です。狂おしいほどに「ユーザードリブンでつくろう」という気持ちでやってきていて。

「このシート(ユーザーフィードバックをまとめたシート)は、自分で作っているんですか?」
いまのところ、手動ですべて自分でやっています。こうしたサポート業務って、何より「肌感覚で理解しておく」というのが重要だと思っていて。

もう…素晴らしいの一言に尽きる。

まとめ


ここで紹介できなかった、ちょっとしたテクニックもある。
テキストの範囲を選択し、下の検索ボタンを押すことでその範囲を直接検索欄に入れられる。
一番右のタブから右にスワイプすると新しい検索タブが作れる。(ちゃんとキーボードも自動で出てくる)
と言った感じだ。詳しくは使いながら慣れてほしい。
ここまで見てくれたあなたへ。


これだけあれば、あなたもsmoozを使いこなせるだろう。さあ、AppleStoreからダウンロードだ!
あなたのiPhoneライフが変わりますように。加藤さん、本当にありがとうございます(*'▽'*)
スポンサーサイト

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。